歯を白くするために自宅でできるホワイトニング方法を紹介します!

歯を白くする(ホワイトニング)とは

歯のホワイトニング

欧米では歯を白く保っていることが美男・美女の基準になっているほど、白さ歯並びを気にするのはずっと昔からのことです。

歯を白くするホワイトニングは小さな子どもからご年配の方までとても人気があり、自宅で簡単にできるホームホワイトニングを殆どの方が行っています。医療費が高額なアメリカでは特にホームホワイトニングを習慣にしています。

歯のホワイトニング

ホワイトニングの重要性

アメリカでは歯が汚い人は貧困層だと思われます。
日本では歯のホワイトニングというと、歯医者さんで行う特別なデンタルケアというイメージが大きいですね。一種のプチ整形にも近い感覚でお客さん商売の人だけが気にするような特別なことだと。

ですが、グローバル化は始まっています。今のままの意識で良いのでしょうか・・・?

歯の裏に溜まったたばこのヤニ・虫歯のあと・抗生物質による歯の変色。コーヒーや緑茶によるタンニンの付着。それでなくても元々歯が黄色い日本人は海外から見ると「気持ち悪い」印象を受けるようです。ましてや歯並びの悪さを「自然のもの」として気にしない日本人にとっては八重歯も可愛いものですし、出っ歯も個性として捉えていますが海外では拒否感を示されます。 それは、アメリカなどでは歯並びや歯を白くすることも含め歯を綺麗にすることがエチケットとして浸透しているからです。

日本の歯磨きに対する意識

アメリカでは「デブは自己管理ができない人」と思われており就職も難しい……と聞いたことがあります。
それと同じように、歯に関しても残念ながら「歯が汚い人は貧困層かデリカシーのない人」と思われるのが一般的です。このように思われるのを防ぐために、アメリカでは小さい頃から歯医者さんに通わせて歯並びが悪ければ迷うこと無く歯列矯正を行い、自宅でのホワイトニングを習慣的に行っているのです。

日本ではそこまで歯を白くすることや歯並びについてが重要視されていないため、ホワイトニングを習慣にしている人は少数派です。
なのでホワイトニング商品もバラエティが少なく、輸入品に頼っているのが現状です。そして日本で製造販売されている商品には成分の規制が多く、そこまでの歯を白くするホワイトニング成分を混ぜて市販することが出来ません。本気で歯を白くしたい方にとっては、日本の歯のホワイトニング商品は物足りないことが多いのです。

正式に販売許可をもらいドラッグストアに並べられているホワイトニング商品は、日本の販売認可製品である以上はアメリカの国内販売の製品とは大きくホワイトニング性能が下がります。それは日本人の意識の低さとも比例しているので、しょうがないことです。

おすすめのホワイトニング材「ビースマイル」

歯のホワイトニング


▲詳しくはクリック!

自宅で出来るホワイトニング方法をご紹介

歯磨き粉

やり方
  1. @歯ブラシに歯を白くする歯磨き粉を適量つける。
  2. A口の中を磨き残しが無いように、ブラッシングする。
    ・歯の外側をブラッシングするときには歯ブラシは90度・歯の内側を磨くときには歯ブラシは45度の角度を心がける。
    ・前歯を磨くときには歯ブラシの先端を使って磨くと汚れが落ちやすい。
  3. B磨き終わったら、水などで口をゆすぐ。
メリット

毎日の習慣になっている歯磨きは、自宅で行える歯を白くする方法としてスタートしやすいのがメリットです。
大人だけでなく小さい子どもも抵抗なく始められるのが良いですね。
家族で同じ歯磨き粉を使っていれば、コストも抑えて歯を白くすることができますよ!

デメリット

歯磨き粉で歯を白くするデメリットは、歯の磨き方のコツを分かっていないと効果が低くなってしまうこと。
また歯を白くする成分が低い歯磨き粉を使ってしまっても効果は出にくくなってしまいます。
歯を白くする磨き方や成分について知ると効果も出やすくなるでしょう。

口コミ

毎日の習慣で歯が白くなりました! (20代女性)
接客業なので歯をきれいに見せたくて、歯磨き粉をホワイトニング効果のあるものへ変更。ブラッシングの方法も工夫すると白くてツヤツヤになりました。
歯磨きは毎日の習慣なので苦にならず続けられています。

こんな人におすすめ

特別なことをしなくても歯を白くしたい……と思っている方にはおすすめです。
歯磨き粉を歯を白くする効果があるものに変えるだけなので、特別なことを意識しなくてもOK!
簡単な方法で歯を白くしたいと思っているかたにもぴったりです!

ホワイトニング方法@「歯を白くするガム」

やり方
食事をしたあとできるだけ早く、歯を白くする効果があるガムを噛む。 ・早めにガムを噛まないと歯に食べ物の色が浸透してしまいやすくなるため。
メリット

歯を白くするガムのメリットはホワイトニング効果以外にも良いことがあるという点。
ガムを噛むことで唾液が出て口臭予防や食べカスを洗い流して虫歯予防にも役立ってくれるんです。
また唾液には歯を強くする「カルシウムイオン」や「スタテリン」という成分も含まれているので、歯を白くするガムはホワイトニングしながら歯を強くすることができますよ。

デメリット

歯を白くするガムのデメリットは「ホワイトニング効果あり」と謳っていても、実は糖分の入っている商品も中には混ざっていることがあるということ。
糖分が入っていればもちろん虫歯になる可能性が高くなって、歯も黄ばんだり黒くなってきてしまいますよね。
歯を白くするガムを購入するときには成分をチェックして、糖分が入っていないかを見てみましょう。

口コミ

おやつ感覚で歯を白くできてグッド!(40代女性)
食事のあとに歯を白くするガムを食べることを習慣にしています。子どもと一緒におやつ感覚でホワイトニングできるのでとっても楽しい!
時間が無いときにも口にポンッと入れられるので重宝しています。

こんな人におすすめ

お菓子感覚で歯を白くできるので、歯磨きが苦手な小さなこどもにもぴったり。唾液をしっかり出るので虫歯予防にも役立てられますね。
また忙しいサラリーマンや子育て中のママも口に簡単に入れられるので、時間が無い人の口臭対策にもおすすめ。

ホワイトニング方法A重層でうがいをする

やり方
  1. 水100t・小さじ半分の重層を用意してカップに入れて混ぜる。
  2. 30秒間かけて口全体に重層水が行きわたるようにゆすぐ。
  3. 重層水で口をゆすいだあとに歯磨きをする。
メリット

重層には強い研磨力を持っているという特徴があります。この研磨力を使って歯のエナメル質にこびりついた汚れをはがして、歯を白くしてくれます。
そして重層のもうひとつの特徴が酸性を中和させてくれる働きがあること。人間の口内は基本的に酸性で、この酸によって歯が溶けてしまう危険性があるんです。
この口内環境の中に重層を入れることで酸性である時間が短くなるため、歯も溶けにくくなり虫歯予防になってくれるメリットもあるんですね。

デメリット

重層は塩分が高いので塩分を控えるよう注意を受けている人にとっては、デメリットの大きな歯を白くする方法になってしまうでしょう。
また水に重層を多く入れすぎてしまうと、強い研磨力で歯を傷つけて逆効果になってしまうので注意が必要です。

口コミ

歯がツヤツヤしてます! 口の中もすっきり!(30代男性)
最初に重層で口をゆすいだときの感想は「口の中がサッパリして気持ち良い」でした。それから一週間ほど重層うがいを続けると歯がツヤツヤで白くなったんです。
寝る前の習慣にして毎日重層うがいをしています。

こんな人におすすめ

重層には歯を白くする以外にも口内環境を整える作用があるので、口の中がスッキリしないという人におすすめ。
また重層は手に入りやすいので色々なお店を探しまわる必要がありません。お買い物に時間をかけられないという人にもぴったりです。

ホワイトニング方法B「歯の消しゴム」

やり方
  1. 歯の消しゴム・歯の水分をしっかりふき取る。
  2. 白くしたい歯に優しく押し当ててさする。
  3. 歯の消しゴムでホワイトニングし終わったら口をゆすぐ。
    ※消しゴムが汚れてきたら、その部分をカッターなどで削る。
  4. メリット

    歯の消しゴムのメリットは白くしたい部分を重点的にホワイトニングできること。特に気になる部分があるときには歯の消しゴムを使うと効果的でしょう。
    歯ブラシではなかなか落とせない部分の汚れも落とせるので、歯磨きと併用して使うのも良い方法かもしれませんね。

    デメリット

    歯の消しゴムを使うときには「きれいな歯は磨かないこと」に注意しなければいけません。
    歯の消しゴムのメカニズムは汚れている歯の表面を磨き落とすというものなので、もしきれいな歯を磨いてしまうと逆に傷つけてしまうことに……。
    細かな傷が歯についてしまうと表面に食べカスなどが付きやすくなってしまうのでデメリットが生まれてしまうので要注意ですね。

    口コミ

    どこにでも持っていけるので外出先でも安心!(40代女性)
    食事をしたあとお手洗いの鏡で簡単に汚れを落とせるのは嬉しいですね。小さいのでバッグに入れておいても邪魔になりません。いつでも白い歯でいられますよ。

    こんな人におすすめ

    一部分の歯の汚れが気になる人に歯の消しゴムはぴったり。きれいな歯まで磨いて傷つける心配が無いので安心して使えますね。
    また外出先にも持ち運べる小ささなので、外食が多い人のホワイトニングにもおすすめです。

    ホワイトニング方法C「ホワイトニング効果のある食べ物を食べる」

    やり方

    イチゴ・リンゴ・梅・トマト・ナシ・ニンジン・セロリなど「リンゴ酸」が含まれているものを食べる。
    ・リンゴ酸には色素が歯に染みこんだり色素を洗い落してくれる作用があるため。

    メリット

    「リンゴ酸」が含まれる食べ物を食べるだけでなので、歯を白くする方法の中では一番簡単でしょう。
    食事をしながらホワイトニングができるので、かかるお金も食費だけでOK。スーパーなどで食材を買ってくるだけで始められるので、特別な道具を専門店で揃える必要もないのは嬉しいメリットですね。

    デメリット

    デメリットは簡単な分、効果が実感しにくいというところにあります。歯を白くする食材を食べるともちろん歯の汚れを落とすことはできます。しかし口の中に食べ物を入れるので汚れやすくなるのも事実。 歯を白くする食べ物を食べたあとには歯を磨いたり、うがいをしたり手間がかかるのはデメリットかもしれません。

    口コミ

    歯を白くする食材を食べて自然ホワイトニング! (30代女性)
    うちは子どもが多いのでコストを低くしながら歯を白くしたいと思い歯を白くする食材を食べるようにしました。
    少しずつですが歯の表面がピカピカになってきたように思いますよ!

    こんな人におすすめ

    特別な準備をしなくても簡単に始められるので、まずは一番手ごろなコストで手軽に歯を白くしたいと思っている人におすすめの方法です。
    歯を白くする食べ物を食べたあとには歯を磨く必要があるので、三食食べたあとにキチンと歯磨きする習慣がある人にもおすすめですね。

    ホワイトニング方法D歯のマニキュア

    やり方
    1. 歯磨きで歯の汚れを落とす
    2. 歯のマニキュアが入っている容器をしっかり振って混ぜる
    3. 歯の水分をティッシュなどでふき取る
    4. 奥歯でコットンを噛んで高さを出すと塗りやすくなる。
    5. マニキュアを塗る。
      ・塗るときにはたっぷりの量ではなく、少ない量を薄く何度も塗るイメージで。
      ・希望の白さになるまで重ね塗りしていく。
    6. 歯のマニキュアを乾かす。
      ・20秒ほど乾くのに時間がかかるので動かずじっとしておく。
    メリット

    歯のマニキュアのメリットはなんといっても、素早く歯を白くできること。
    歯を白くするための液体を重ねて塗るホワイトニング方法なので、時間をじっくりかけて歯をホワイトニングする必要がありません。
    またマニキュアが取れればいつも通りの自分の歯に戻るので、日常生活で極端に歯の白さが浮いてしまうこともありません。

    デメリット

    歯のマニキュアは歯を表面的に白くする方法なので、口内環境をきれいにして歯も白くしたいという人にはデメリットが多く感じられてしまうかもしれません。
    根本的に歯を白くしたい人にはおすすめできない方法でしょう。

    口コミ

    きれいな白い歯でウェディング大成功!(30代女性)
    ウェディングドレスを着ることになってから気になることはたくさんありましたが、やっぱり歯の色が一番気がかりでした。笑ったときに歯が汚いと思われたら嫌だけど、コストをかけて歯を白くするのはムリ……。
    でも歯のマニキュアはお手頃価格・すぐに歯が白くなってすごく助かりました!

    こんな人におすすめ

    イベントなどで短期間だけどうしても歯を白くしたいという人に歯のマニキュアはぴったりの歯を白くする方法です。
    また歯のマニキュアは薬局やドラッグストアで手頃な価格で手に入ることが多いので、コストをかけずに手早く歯を白くしたい人にもおすすめ!

    歯の白さの基準

    本気で歯を白くしたいなら、簡単に自宅で行う歯のホームホワイトニング「ビースマイル」がおすすめです。この違いが実感できるはず!

    歯のホワイトニング ビースマイル

    歯歯医者さんで歯を白くするためにホワイトニングをするといくらかかるの?

    歯のホワイトニング 歯医者の費用

    歯のホワイトニングホワイトニング専用のデンタルクリニックで総額約1万5千円〜4万円程で、通常の歯医者さんで2万円〜4万円が相場と言われています。

    歯医者さんですと機械で磨きますし、いろいろ医療機器を使えますので1回で白くなる度合いは高まります。

    ただ、ホワイトニング料金だけではなく初診料やクリーニング費用・むし歯や歯槽膿漏・歯石がある場合はしっかり治療してからということになりますので、歯の疾患があって治療に通うときに同時に行う方が多いようです。

    歯のクリーニングのみの場合は、自由診療となりますのでさらに歯医者さんによって歯のホワイトニング料金に幅が出てきます。

    自宅で簡単にできる歯のホワイトニングなら空いている時に自宅で毎日のようにお手入れしていくことで、しっかりと歯の白さが際立ってくることでしょう。

    まとめ

    自宅で手頃にできる歯を白くする方法は色々あるんですね。
    選ぶ歯を白くする方法によって効果もいろいろ、かかる時間もいろいろで面白いですよね。
    じっくり時間をかけて歯を白くするのもよし、歯のマニキュアのように短時間に素早くホワイトニングするのも良し。
    歯を白くする方法を多く知っていれば知っているほど毎日が楽しく過ごせます。
    まずは毎日の習慣になっている歯磨きからスタートしてみるのも良いかもしれませんね。
    歯を白くツヤツヤに保って笑顔の素敵な人になりましょう!


歯を白くする方法 歯のホワイトニング 歯を黄色くしてしまう原因